恋愛未経験者ほど、彼女を作る時は選り好みするべき圧倒的理由!

彼女の作り方




スポンサードサーチ

はじめに

25歳の社会人になって、初めての彼女を作りたい!…と考えていると、どうしても、

あなた
とにかく誰でも良い!自分に合う性格の女性だったらお付き合いしたい!

と考えてしまいがちではないだろうか。

アラサーに片足を突っ込み、それでもまだ一度も彼女ができていない…となると、とにかく一刻も早く彼女が欲しい!となってしまう。

しかし、筆者はここであなたに警鐘を鳴らしたい

彼女を作るうえで重要なのは、「誰でもWELCOME!」というオープンマインドではなく、門を狭めた「選り好み」なのだということを。

今回は、彼女を作る時に、なぜ選り好みをすることが大切なのか…についてお伝えしていこうと思う。

彼女ができない男性が陥る罠

彼女が一度もできたことが無い場合、陥る罠があるのをあなたはご存じだろうか。

恐らく、なんとなく心の中で答えはわかっていると思う。それが、

あなた
こんな俺が選り好みしたら彼女なんてできないだろうな…

のような、「選り好みなんてしたらダメだ」という強迫観念である。

自分が今置かれている状況を絶望的に捉え、「こんな自分が女性を選り好みするようなことはできない」と考えてしまうのだ。

この気持ちは、確かに分からなくもない。

例えば、勉強を全くしてこなかった高校生が、行ける大学の数が狭まっているのと同じである。選り好みなんてしてたら大学に入れない…となってしまうのも必然だ。

東大に入れるぐらの学力があれば日本のどんな大学にだって入れるのだから、それこそ「東大レベルの学力を持っているからこそ選り好みができる」…ということになる。

恋愛に例えるならば、「イケメンだから女性の選り好みができる」とか、「お金持ちだから女性の選り好みができる」という話になる。

しかし、果たして本当にそうなのだろうか

選り好みをすることは、本当にやってはいけないことなのだろうか

スポンサードサーチ

選り好みは、モチベーションを高めてくれる

選り好みをすることは、本当にしてはいけないことなのだろうか。

筆者はそうは思わない。むしろ、どんどん選り好みをして、自分に合う女性を見つけていくべきだと思っている。

なぜかというと、選り好みをすることで彼女を作るモチベーションがアップするからだ。

あなた
誰でもいいから彼女を作らないと…

と考えるのと、

あなた
俺は絶対にA子さんを彼女にするんだ!

と、自分に合う女性を選り好みするのとでは、明らかに恋愛に対するモチベーションが違う

「あの人とお付き合いしたい!」と目標を定めるのと、「誰でも良い」と考えるのとでは、見るからにモチベーションが違うのがわかるのではないだろうか。

何事においてもモチベーションは大切だが、こと恋愛に関してはモチベーションこそが彼女GETのスパイスだと言っても過言ではないかもしれない。

選り好みをすることで、彼女への愛情も深くなる

また、選り好みをして彼女GETに成功した場合、彼女への愛情が深くなるというメリットもある。

あなた
A子さんは本当に理想の女性だ!

と、「自分が選り好みをした末にGETした彼女」ということで、恋愛も長続きする傾向にある。

もし、全く選り好みをせずに、

あなた
誰でもいいから付き合ってください…

と言って付き合った彼女だとしたら、ここまでの愛情は湧かないだろう。

失恋する事を時間の無駄…とはいわないが、失恋の辛さはかなりこたえるため、できれば味わいたくないはずだ。

そういう意味でも、女性を選り好みするメリットは大きい

スポンサードサーチ

女性も選り好みされたい

実は、女性も選り好みをされたいという想いがある。

正確に言うと、選り好みをされたいというよりは、「あなただけ」と言われたい…という方があっているかもしれない。

あなた
付き合えるなら誰でもよかったんだ

と言われるのと、

あなた
あなたとお付き合いしたかったんです

と言われるのとでは、嬉しさの度合いに天と地ほどの差がある。

「誰でも良かった」と言われて嬉しい人はいない。

恋愛でも仕事でもスポーツでも、「誰でも良かった」と言われるよりも、「あなただけだ」と言われた方が、何百倍何千倍も嬉しさが増す。

選り好みをすることで女性も嬉しくなるのだから、選り好みをしない理由が見当たらなくなるだろう。

選り好みをする時の注意点

恋愛するときは選り好みをしよう!」_というお話をしてきたが、もちろん注意点はある。

選り好みをする時の最大の注意点は、「自分が思う女性の好みを把握すること」である。

例えば漠然と、

あなた
とりあえず美人と付き合いたいな…
あなた
可愛い子とお付き合いしたいな…

と考えてしまう人がいるが、これでは恋愛は成就しない

自分が思う女性の好みは、できるだけ詳細に書かなくてはいけない

例えば以下のような感じだ。

あなた
僕が考える理想の女性は、まず髪型はショートカット。目は垂れ目気味で、口元も小さめ。性格は普段は厳しいけど、ふとした時に優しいお姉さんタイプが好き。地方出身なので、都内の事にちょっと疎い。年齢は僕と同じぐらいか、ちょい下ぐらい。身長は150㎝台の小さめ。身体は細すぎず太り過ぎずの中間。

このように、自分が好みとする女性の理想像を事細かく設定することで、自分が理想とする女性に少しでも近い女性を選り好みすることができる。

以下の記事で、自分が好みとする女性の理想像を設定するやり方を詳しくお伝えしているので、今すぐ参考にしてほしい。

 

スポンサードサーチ

選り好みをするべき理由/まとめ

恋愛未経験者ほど、彼女を作る際は女性を選り好みした方が良い…ということをお伝えしてきた。

女性を選り好みすることは、まるで女性に悪いようにあなたは思っているかもしれない。

しかし、実際は「誰でもいいからお付き合いしたい」という考えの方が、女性に対して失礼なのだ。

本当にお付き合いしたい女性を自分の好みに合わせて設定することで、あなたにピッタリの女性を自分の力で見つけることができるだろう。

そのためには、まず「選り好みは恋愛にとって不可欠な事」という認識と、「自分の好みを設定する」ということを重要視してほしいと思う。

この2つを徹底するだけでも、あなたは恋愛ができる次のステージに足を進めることができるはずだ。

ぜひ、素敵な恋愛をしてほしい。