25歳の若ハゲは生活習慣改善で治る?若ハゲ対策完全版!

頭・身体のコンプレックス




スポンサードサーチ

はじめに

若ハゲ_特に高校生・大学生から、20代後半まででハゲてしまっている人を指しているのではないだろうか。

若ハゲには3種類あると私は思っている。

1つはおでこからハゲてしまうタイプ。

2つはつむじからハゲてしまうタイプ。

3つはおでこ・つむじ両方からハゲてしまうタイプ。

なぜ若ハゲが進行してしまうのか…よくある「食生活の改善でハゲが治る」というのは本当なのか…。

ハゲについての見識を深め、自分に合ったハゲ対策をしていこう。

若ハゲになってしまう要因は大きく分けて2つ

そもそも、ハゲと言うのは大きく分けて2つに分類される。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 生活習慣の悪化

最近CM等でよくみかけるAGAという言葉。これは悪性ホルモンが頭で悪さをする為に起きる病気である。悪性ホルモンが頭頂部orおでこorその両方で悪さをする為、ハゲる人はこれら3つのうちのどれかが進行するパターンが多い。

そして2つ目の生活習慣の悪化。ハゲている人はAGAなどの病気の他に生活習慣が悪いことでハゲが進行しているパターンもある。

スポンサードサーチ

生活習慣の改善でハゲは治るのか

では、生活習慣の改善でハゲは治るのだろうか。

結論から言うと、治る人と治らない人の両方がいる。

それぞれについて詳しく理由を述べていくのでぜひ参考にしてみてほしい。

生活習慣を改善してもハゲが治らない人

まず生活習慣を改善してもハゲが治らない人から理由を述べていこう。

生活習慣を改善してもハゲが治らない人の多くはAGAである可能性が高い。生活習慣とAGAは多少のかかわりこそあれど、そもそもAGAは病気だから、専門的な治療が必要になる場合がある。

もしも「俺ってAGAなのかな…?」と不安な方はぜひ一度専門機関を受診することをおすすめする。専門機関で診てもらう事で、自分のハゲに対しての適切な療法や処方を知れる場合があるからだ。

AGAをそのまま放っておいて後で取り返しのつかない頭になるまえに受診するのがベストだ。

最新のAGA治療なら【東京メンズサポートクリニック】

生活習慣を改善してハゲが治る人

生活習慣を改善してハゲが治る人というのは、AGAではなく、普通に髪の毛へ適切な栄養が運ばれていないことが原因である。

生活習慣を改善することでハゲが治るのだから、ぜひ生活習慣を正してほしい。

結論:生活習慣を改善すればハゲが治る人もいる

結論を述べよう。

生活習慣を改善してハゲが治るのか?と問われれば、「治る人もいる」というのが実際のところだ。

正しい生活習慣をすることで、髪の毛が成長するために必要な栄養素が全体に行き渡る。そうすることで、ハリとコシのある髪の毛が誕生する。

正しい生活習慣とは、以下の3つから成る。

  • 睡眠時間の確保
  • 栄養素のバランスがとれた食事
  • 適度な運動

これら3つを改善していくことで、若ハゲから髪の毛ふっさふさになることが可能なのだ。

睡眠時間を最低でも6時間は取りたい

質の良い睡眠は髪の毛を良く育ててくれる。

寝る子は育つ、とよく言うが、髪の毛もまさにそうである。「寝れば髪の毛は育つ」ということわざを私が作ってもいいぐらいだ。

睡眠で有名な話がある。それは、「夜10時から早朝2時間までの4時間で成長ホルモンが分泌される」というものだ。

しかし、社会人になってくるとなかなか10時に寝ることはできないだろう。

残業ややるべきことが多くて、なかなか10時に寝ることはできないはずだ。

しかし、夜更かししすぎても成長ホルモンが正常に分泌されない。

だから、私のおすすめは夜11時、遅くとも12時までにはベッドに入り、翌朝6時~7時の間でおきることだ。

そして朝起きて目いっぱい日の光を浴びる。日の光を浴びることでセロトニンが分泌され、不安になりにくくなる。そして朝飯を食う事で胃が活発になり、血流も促進される。

つまり、良質な睡眠を取ることで1石三鳥ぐらいの素晴らしい効果があるわけである。

髪の毛は生えるわ頭の中クリアになるわ不安になりにくくなるわ…。

ぜひ良質な睡眠を取ってみてほしい。特に、睡眠は人生の時間の1/3を占めるから、寝具も良いものにすることでより良い睡眠に落ちることができる。マジで寝具変えると見違えるぐらいグッスリ寝られる

まるで無重力の快眠マットレス、オクタスプリング

栄養を考えたバランスのいい食事

良い睡眠を取れたら、次はバランスのいい食事だ。

髪の毛を形成する成分はミネラル・タンパク質・ビタミンである。

そして、髪の毛を成長させるのに必要な亜鉛も必須だ。

これら4つを複合的に毎日の食事で取り入れることで、髪の毛に良い影響を与える。

ただ、男の一人暮らしや、野菜嫌いだとどうしても亜鉛やミネラルを摂るのが面倒になるはずだ。

しかも亜鉛は体内で作られることの無い要素だから、体外から摂取するしかない。つまりめんどくさいわけだ。

そんな時はマジでサプリがおすすめ。飲むだけで楽だし、経済的にも毎日食品を食べるよりはるかに効率がいい。

<満足度92%>生牡蠣202個分の亜鉛が詰まった渾身のサプリメント

適度な運動

適度な運動をすることで、血流をよくすることができる。

血流をよくすることができれば、頭にも血を行き巡らせ、髪の毛に良い影響を与える。

これもまた睡眠と同じで、高校生ならともかく…社会人になってくるとなかなか運動をする時間を確保できなくなるはずだ。

そんな時におすすめなのが、通勤時の階段を利用した運動である。

いつもエレベーターを使っている場合は階段を利用することでかなりの運動になる。最寄りの駅より1つ違いの駅で降りて、そこから会社まで歩けばそれだけでウォーキングと同じである。

つまり、「運動しよう!」と思って運動するのではなく、日頃行っていることを運動として捉えることで、無駄のない髪の毛育毛ができる。

私の知り合いでも、この方法をしている方がいる。その方は既に良い年だが…髪の毛はふっさふさだ。ハゲる要素なんてどこにもないぐらいに。

ぜひ、いつもの通勤を運動にしてみてほしい。

スポンサードサーチ

まとめ

さて、まとめよう。

ハゲにはおよそ2種類の理由がある。

1つはAGA、2つは生活習慣である。

基本的には生活習慣を正していくことで早くて3か月程度すれば髪の毛は元の状態に戻るはずだ。3か月~半年を過ぎても全くハゲが治らない場合は、残念ながらAGAである可能性が高い。専門機関を受診するのがベストである。

また、「俺ってAGAかもしれないな」と思う人は早めにAGA対策をしておくのが良い。早い段階での対策は功を奏する可能性が高い。

専門機関の受診も、できれば早めに行った方が良いだろう。

では、ハゲを治してモテる男になろう。