女性に好意を持たせる方法は嫉妬?社会人なら知っておきたい恋愛テクニック!

女性心理




スポンサードサーチ

はじめに

女性と親密になっていくと、どうやって女性を振り向かせようか考えることがあるのではないだろうか。

筆者も、気になる女性に好意を持ってもらうために、どうすればいいか悩んだものである。様々な恋愛サイトを見たし、恋愛達人の友達からアドバイスをもらったりした。

そこで導き出した結論が、女性に好意を持ってもらうためには「嫉妬」を上手く操ることが重要になるということだ。

女性の嫉妬を上手に操ることで、スピーディにあなたに恋心を持ってもらいやすくなるし、社会人ならなおさら時間の融通が利くようになるだろう。

ただ、女性に嫉妬させるにはどうすれば良いのか…?という問題が出てくる。特に恋愛未経験だと、嫉妬のさせ方一つで女性から嫌われる可能性だってあるからだ。

しかし、「嫉妬の上手な操り方」「女性の嫉妬のメカニズム」「女性の嫉妬を加速させる方法」等のポイントを押さえておけば、驚くほど簡単に女性に嫉妬を抱かせることができるようになるだろう

それが結果的に、彼女GETにも繋がり、いずれは結婚相手にも繋がるかもしれない。女性の心理を鷲掴みできる男になれるだろう。

最後まで読み進めていくうちに、女性の嫉妬のブラックボックスがわかり、「どうすれば彼女に嫉妬させられるか」があなたの頭にインストールされていくはずだ。

嫉妬を制すものは恋愛を制す?

嫉妬を制すものは恋愛を制す_と言えるぐらい、筆者は恋愛において「嫉妬」の意義深さを感じている。

そもそも、女性があなたに嫉妬する次点で、あなたのことが嫌いなわけではなく、むしろ好意を抱いているに他ならない

嫌いな人や、友達程度の好意しか抱いていない男性に対して嫉妬する女性はまずいない

つまり、嫉妬をさせることができている時点で、あなたはその女性を彼女に出来るチャンスを掴んでいるというわけだ。

この、「彼女に出来るチャンス」をガッツリ掴む方法に、「女性に嫉妬させる」という方法がある。

スポンサードサーチ

女性の心にあなたが入り込めば上手くいく!

あなた
嫉妬をさせて女性の心を掴む…?それ、本当に上手くいくの…?

と、あなたは思われるかもしれないが、「嫉妬を上手に使う方法」は後述するとして、女性の嫉妬を操ること自体は難しいことではないので安心してほしい。

ようは、あなたが女性の心の中に入り込めばいいわけである。

女性がどういう時に嫉妬をするのか?ということを知っておくと、女性の心の中に入りやすくなり、「嫉妬を上手に使う方法」も実行に移しやすくなるだろう。

次項で、「女性の嫉妬のメカニズム」をお伝えしていこう。

女性の嫉妬のメカニズム/嫉妬を上手に使おう!

女性の嫉妬のメカニズムについてお伝えしていこう。

恐らく、あなたがどんなに恋愛に疎かったとしても、下のような「男女の嫉妬の違い」を見聞きしたことがあるのではないだろうか。

男性は、女性が他の男と性行為することに嫉妬する。

女性は、男性が他の女に気移りすることに嫉妬する。

言葉のニュアンスこそ少し違えど、同じような文章をみたことがあると思われる。

女性が、男性のどこに嫉妬するかと言うと、「他の女に気移りすること」にある。

もっと生物学的な理論めいた「嫉妬」のメカニズムをお伝えしていこう。

女性が「男性が、他の女に気移りする事に嫉妬する」というのは、実は表面的な表現にすぎない。女性が実際に嫉妬しているのは、「男性の経済力(資源)、子育て能力を他の女性に持っていかれること」なのである。

例えば、A男の経済力・子育て能力が10あったとしよう。A男と付き合っているA子は、順当にいけばA男の経済力・子育て能力を10そのままもらえる。しかし、A男がB子と浮気をしてしまえば、A子がもらえるはずだった10の経済力・子育て能力は半分の5ずつになってしまう。

もしA男とA子の間に子どもがいた場合、10が5になってしまうのは「子どもを育てる」という意味ではかなりの損失だ

そのため、女性は男性の経済力・子育て能力などの資源をできるだけ独占するために、「嫉妬」という手段を用いて、男性に浮気させないようにしているわけである。

これが、女性の嫉妬のメカニズムである。

ちなみに、「嫉妬」は遺伝子レベルでの話なので、「嫉妬しないようにしないと」といって嫉妬しないような心理状態を作り出すことは困難だ。この点からも、恋愛において「嫉妬」を上手に操ることは、彼女GETの近道になるのである。

スポンサードサーチ

女性の嫉妬を上手に操る方法とは?

女性の嫉妬を上手に操る方法をお伝えしよう。

女性の嫉妬を操るには、先述の「女性がどういう時に嫉妬するのか」を考えてみればわかりやすいだろう。

女性は、「男性の経済力・子育て能力が他の女性に持っていかれそうになることに嫉妬する」のだ。

つまり、あなたの裏に「他の女が存在するニオイ」を醸し出すことが出来れば、女性の嫉妬を上手に操れることになる。

他の女が存在するニオイを醸し出す方法は、以下のような行動だ。

  • 女性とデートに行って、たまにスマホを確認する
  • 女性がいる前で、他の女性の話をする

このように、さりげなく「あなた以外に女と関係があるかもしれませんよ」という感じを出すのがおすすめだ。

恋愛下手な男性は、直接的な会話で女性に嫉妬させようとしてしまう(「あなたとB子さんで迷ってるんだ」的な)。

そうではなく、さりげなく「他に女がいるかもしれませんよ」という感じを出すのが、女性を嫉妬させる上手な方法である。

女性の嫉妬を加速させる方法とは?

女性の嫉妬を加速させる方法がある。

これもまた、先述の「女性が嫉妬するメカニズム」に基づいている。

「男性の経済力・子育て能力」に女性が嫉妬するのだから、その「経済力・子育て能力」を手放したくなくなるような男になれば良いのだ。

つまり、女性に「この人だけは私の彼氏にするんだ!」と思わせるような男になれば良いということである。

そのためには、あなたの外見を良くする_要はファッションを大事にすることが、「女性の嫉妬を加速させる方法」になるだろう。

女性と男性で、ファッションに対してあまりにも意識の違いがあると言われている。

心理学者のタウゼンが証明した女性心理に、「女性は、男性のファッションの中に地位を示す情報があると、男性を地位が高いとみなし、好感を持つ」というのがある。

つまり、女性は彼氏を選ぶ際、顔よりも地位を選び、地位を選ぶ基準としてファッションを重要視する傾向にある…と言われているのだ。

だからこそ、ファッションを大切にすることで、女性から高い評価を得つつ、あなたにゾッコンさせることができるのである。

ファッションに疎いなら、マネキン買いがおすすめ!

ファッションが大事になる!という話をしてきたが、ファッションに疎いと何をどうすればオシャレに見えて地位が高そうに見えるかがわからなくなるのではないだろうか。

筆者もオシャレには疎い方なので、とにかく我流のファッションをして「パジャマみたいな服だね笑」と女性に言われたことがある。あの時はとても恥ずかしかった…。

ファッションは、高級な服やアクセサリーをただ身に着けるだけではオシャレには見えない。モンスターハンターで、防具を統一せずにバラバラで着用するとキメラ装備になるように、ただ闇雲に高級な服を着ていたのではオシャレには見えないのである。

そんな、ファッションに疎いあなたにおすすめなのが「マネキン買い」である。

メンズファッションプラス」というメンズファッションサイトならば、女性がコーディネートした女性ウケするファッションをマネキン買い(マネキンが着用している服を上から下まで購入すること)できる

女性がコーディネートしたファッションを購入できるので、女性ウケはもちろん、「こういう服装をすれば地位が高く見えるのか」という発見にも繋がり、あなたのファッションセンスを磨くこともできる。

自分なりのファッションを楽しむのも大事だが、結局は「女性に好意を抱かせるのが男性ファッションの最大の目的」であるため、女性ウケするファッションをすることで、彼女GETに2歩も3歩も近づけるだろう。

メンズファッションプラスに今すぐ飛びたい方は、下の黄色いボタンから飛べるのでぜひ活用してほしい。

スポンサードサーチ

実際に「嫉妬」を上手に操った結果/失敗しない嫉妬のさせ方

実際に、筆者も女性に嫉妬をさせる戦術を行ったことが幾度もある

結果は良好。もちろん嫉妬させすぎるとデメリットしかないが、適度な嫉妬心を女性に抱かせることができれば、いつの間にか女性もあなたにゾッコンしていることだろう。

例えば、筆者はあえて狙っているA子さんではなく、B子さんと話をする機会を多めに設けてみた。すると、A子さんからLINEがくる頻度が増えたり、「今度おでかけしませんか?」というようなお誘いが増えたりした。

上記の境遇はいわゆる「同室内(職場など)」での話である。恋活サイトで知り合った女性に嫉妬を抱かせたい時は、「そういえばあのサイトって可愛い子多いよねー!」という具合に嫉妬を抱かせるだけでも効果があるだろう。

逆に、嫉妬をさせ過ぎて筆者が失敗した話もしておこう

これは学生の頃の話だが、筆者はC子さんと付き合う寸前までいっていた。あとは筆者から告白すればお付き合いできる!というレベルである。それぐらいC子さんと両想いだった。

しかし、筆者は極度の奥手。今でこそ奥手ではないにせよ、学生当時は告白するなんてできないぐらいに奥手だった。そのため、C子さんに告白できずに、C子さん以外の女性と他愛もない話をしていた。

すると、C子さんはその境遇に嫉妬心が爆発し、ついには筆者以外の男性とお付き合いしてしまったのである

当時はC子さんに嫉妬をさせようとしていたわけではないが、結果的に嫉妬をさせすぎてしまったことが原因で恋愛が成就しなかった

嫉妬をさせることは恋愛において重要なことだが、嫉妬させすぎると筆者のようにツラい経験をしかねないので、その点は注意である。

女性に嫉妬させて、彼女をGETしよう/まとめ

女性に嫉妬させる方法、嫉妬のメカニズム、嫉妬の失敗談や嫉妬を加速させる方法などをお送りしてきた。

総括して言いたいのは、筆者のような失敗はあなたにしてほしくない…ということである。

恋愛未経験の社会人だと、告白することが人生をかけた一大イベントのような感じがしてしまうのではないだろうか。

あまり告白を重要な問題として考えすぎると、告白するシチュエーションや言葉一つで悩みに悩んでしまい、結局告白できずに終わってしまう可能性がある。本文でも述べた筆者の失敗談のようになってしまうだろう。

あなたにはそうなってほしくない。だから、告白を一大イベントと考えず、人生の通過点ぐらいのレベルで考えてみると良いだろう

その通過点を後押ししてくれるのが、今回紹介した「嫉妬」である。

女性が嫉妬してきたら、それはあなたへの脈ありサインだと捉えてもらって構わない。あとは告白するだけ。あなたに彼女が出来ることを願っている。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。