読むだけでモテる男になれる!社会人が恋愛成功するためには?

モテる方法




スポンサードサーチ

はじめに

あなた
俺は何やってもモテないからもうダメだ…
あなた
どーせこのまま孤独死確定だ…彼女だってできねーよ…

モテない男たちの奈落の底から聞こえてくる声は、どこか生きることへの焦燥感さえも感じる。

焦燥感と言うよりも諦めなのか。女にモテないこの人生に何の未練もないぜ…ぐらいに思っている男たちは多いだろう。

なぜあなたがモテないのか、その理由は人それぞれあるはずだ。顔がブサイクだからとか、ハゲているからとか、デブだからとか…。

そしてあなたはこう思う。

あなた
イケメンに生まれていればなぁ…

しかし、あなたはあなたである以上、顔を整形でもしない限りなかなか難しい問題だ。

今回は、モテることを諦めたモテない男たちにおくる珠玉のエールである。

そもそも「モテる」ってなんだろう?

そもそも、「モテる」ってのはどういう状態のことを指すのかを考えたことはあるだろうか。

恐らく多くのモテない男たちが、モテるという状態について考えたことが無いはずだ。

そりゃ漠然と「こういうモテ男になりたい」というビジョンはあるだろうが、「こうでこうでこういう状態になったらモテる男だ」と考えることは無いだろう。

つまり、モテる男というのは曖昧なのだ。

人によっては1人の女性に言い寄られたらモテる男だ!と考える人もいるし、10人以上に言い寄られないとモテる男とは言えないね!と考える人もいるだろう。

しかし、これらの考えに共通していることがある。

それは、「女に言い寄られること」である。モテる男の最も基礎的なところにあるのは「女に言い寄られること」ではないだろうか。

つまり、モテる=女に言い寄られること…と解釈してもいいはずだ。

スポンサードサーチ

世間でピックアップされる、モテる男たち

世間で言うところのモテる男たちがいる。

私は、基本的には以下の3つを持つことで、どんな女性からでもモテる男になれると思っている。

  • イケメン
  • 金持ち
  • 権力者

もちろんこれらすべてを持つことが出来れば最強のモテ男であろう。しかし、そんなドラゴンボール探すような運の持ち主はそうそういない。ほとんどの男と言うのは、この中のどれか1つ、良くて2つを持つことが出来れば万々歳レベルだ。

モテる男3要素については、以下の記事でかなり詳しく書いているのでぜひ参考にしてほしい。

これら3つのモテる男たちには、ある共通することがある。

それはなんだろうか。

モテる男に共通するのは○○だ!!

さきほどのイケメン・金持ち・権力者…彼らに共通することとは一体何だろうか。

一見するとあまり関連性が無いようにも見えるはずだ。金持ちと権力者っていうのは結構繋がりがあるようにも見えなくもないけど。

彼らに共通すること…。

それは、自信である。

イケメンは、イケメンだからモテている側面もあるだろう。しかし、イケメンゆえに自信があるように見えるから女にモテるのである。

金持ちも、金持ちゆえに自信があるから女にモテる。もちろん金目当てで近づいてくる女はいるだろう。しかし、金目当てで近づいたらなんか次第に好きになっちゃいましたって言う女を何人も見てきた。

権力者なんかはまさに自信の塊ではないだろうか。権力を持っているということが、その人の価値をより大きいものにしているのだ。心理学用語ではこれをハロー効果と呼ぶ。

つまり、イケメン・金持ち・権力者は、ただそれだけを持っているから女にモテるのではなく、それらを持つことで自分への自信を増幅させているからこそモテるのである。

モテない男はここに気付かない。イケメンだからモテる、金持ちだからモテる…と思ってしまうのだ。

スポンサードサーチ

モテない男の2つのパターン

モテない男は、まずは自信をつけることがモテることへの第1歩になるはずだ。

モテない男は、何かとコンプレックスを抱えている場合が多い。かくいう私だってコンプレックスはあった。

モテない男のコンプレックスと言えば、ブサイク・ハゲ・デブ…である。

しかし、先ほどから言っているように、ブサイクだからモテない、ハゲだからモテないと言うわけではない。もしブサイクだからモテないのだとしたら、この世にいるブサイクだけどなぜかモテている奴の存在説明をすることが出来ないはずだ。

ブサイクだからモテないのではなく、ブサイクだから…と自分に自信を喪失していることがモテない原因である。

また、「モテない」という立場が心地よかったりするものだ。モテないからモテない者同士で集まり、モテる奴の悪口を言い、妬み、僻むのだ。

モテない男というのは、自分に自信を喪失しているパターンと、モテないという境遇が心地良いパターンに別れる

モテる男になるためには

モテる男になるためには、自信をつけることが大切である。

しかし、自信をつけろと言われてもどうやって自信をつけたらいいか分からない人がいるだろう。

以下の項から、具体的な自信のつけ方を述べていこうと思う。

自信をつけたいなら清潔感に特化してみろ

簡単に自信をつけたいのなら、清潔感に特化してみるのがおすすめだ。

清潔感とは、具体的に言えばヘアースタイル・臭い・ファッションのことだ。

これら3つを極めることで、あなたは自信を持つことが出来る。

そもそも、なぜ自信が無いのかというと、「女にどう思われているかわからない」という見えない恐怖のせいであることが多い。

ということは、女に裏でこそこそバカにされない男になればいい。至極簡単な話だ。

女はとりあえず清潔感さえ出していればとやかく言ってこない。

ブサイク等、不可抗力なものを治そうと努力しても徒労で終わる。ならばいっそどっしり構えて、顔以外で勝負するのが理想ではないだろうか。

自信は成功体験から繋がる

そもそも、自信と言うのはどこからくるのだろうか。

自信は、わかりやすく言えば成功体験を繰り返し得ることで自信に繋がるのだという。

例えば、バク転の練習をしているとしよう。

多くの人はバク転ができない。なぜなら怖いからだ。首の骨でも折ったらどうしようと考えてしまう。だからイマイチ変な体勢で「うーんできない…」と諦めてしまう。

しかし、一度でもクルっと回ることが出来れば、「俺にもできた」という成功体験を得ることが出来る。

1度できたのだから何度でもできるはずだ!と思い、どんどんチャレンジする。チャレンジするたびに成功体験は重なり、最終的にはバク転をすることに何の恐怖感も抱かなくなるのだ。

これと恋愛は似ている。モテないと思っているからモテないのである。なぜなら女に褒められるとか、言い寄られるといった成功体験を得ていないから。

しかし、自分から積極的にモテることに注力していけば、「○○さんって明るい人なんですね!」とか、「○○さんって面白い人なんですね!」と女性に褒められることが多くなるだろう。

モテることに注力することで、案外自分から動いていくと女性は振り向いてくれるものだ…と感じるはずだ。

スポンサードサーチ

女を怖がる必要はない

モテない男の多くは女を怖がっている。

あなた
俺、女になんて言われてるかわかんないよ…
あなた
どーせハゲてることを裏で言ってるんだろ…こえーよ…

確かに、女性は裏で何を言っているか分からない。しかし、怖がる必要はない。女性があなたに攻撃を仕掛けてきたのなら、どっしりと構えて、「で?」とでも言い返してやればいい。

女性は得体の知れない存在ではなく、あなたと同じ人間である。同じ人間である以上、優劣なんてないはずだ。だから、あなたはあなたらしくどっしりと構えていればいい。

逆に、下手に女に媚びる奴はそれだけでモテない。「あいつってすぐ媚びるんだよ」と拡散され、女性の中でのあなたのイメージは駄々下がりだ。

女性に悪口を言われても、「へへへ…」と苦笑いを浮かべるのではなく、どっしりと大らかに接すればいい

あなた
へー!俺ってそんな風に思われてるのか!そういう見方もあるのねえ

ぐらい言ってやればいい。悪口がダメージにならないことを知ると、女は手の平を返すことがある。

女を怖がる必要はない。

モテるための恋愛成功術/まとめ

この記事で言いたいことは、「モテたいなら最低限自信を持て」ということだ。自信を持てない男はモテない。自信を持てないし女にもモテない。

もし簡単にモテたいなら、イケメンになるか、金持ちになるか、権力者になるか…がおすすめだ。しかしなかなかハードルが高い。

モテる男は上記3つだけではない。結局は自信があるやつがモテる。だから、清潔感を出して自信を持ったり、成功体験を積み重ねることで自信を持つことが大切である。

モテない男を脱出して、女を何人もはべらせる男になってほしい。

では、また次回の記事で会おう!