社会人なら知っておきたい!女性に嫌われないメッセージの送り方とは?

LINE/メール恋愛テクニック




スポンサードサーチ

はじめに

女性との出会いには、恋活サイトのような「ネットで出会うタイプ」がある。

ネットで出会うのは非常に効率的で時間の融通が利くため、社会人のあなたには特に「恋活サイト」をおすすめしている。

最近では、いかがわしくて怪しすぎる出会い系サイトではなく、健全なお付き合いを前提とした恋活サイトがどんどん増えているから、よりクリーンな出会いを求めることができるようになったのも要因の一つだ。

しかし、やはり恋活サイトにも問題点はある。

それは、ネットで出会うから文章の書き方が問題になる…と言う点だ。

女性に嫌われない文章を書くためには、「言語における心理学要素」「嫌われない文章の書き方」「文章表現以前に気をつけるべきこと」という3つのポイントを知ることが大切だ。これらを知ることで、より女性心理に寄り添った文章を書けるようになるだろう。

女性心理に寄り添った文章を書けるようになれば、女性に好意を持ってもらいやすくなり、彼女にできる確率もグングンアップするだろう。その方法を、文章が苦手なあなたでもわかりやすくまとめてみた。

最後まで読み進めていくと、あなたの脳内に「女性に嫌われない文章の書き方」がインプットされていくだろう。

心理学知識を知ろう!言語の内容はわずか7%しか伝わらない!

女性に嫌われない文章を書く前に、言語における心理学知識を知っておくと、後述の「女性に嫌われない文章の書き方」の理解が深まるので、前もって紹介させていただこう。

心理学者のメラビアンは、他人に自分の印象を伝えるために重要なのは、言語よりも非言語的コミュニケーションだと説いた。

非言語的コミュニケーションとは、例えば立ち振る舞いや表情、身振り手振り、服装などである。

非言語的コミュニケーションによる印象伝達が55%

声の大きさ、質などのパラランゲージが38%

そして言葉の内容が7%だというのだ。

まさに、「目は口程に物を言う」という言葉の通り、言語による印象伝達は全くと言っていいほど重要ではなく、むしろ表情などの非言語的コミュニケーションの方が、自分の印象を伝えるのには重要だという結果が出ている。

これはつまり、「文章によるあなたの印象はほとんど女性に伝わらない」ということになり、ひいては「女性の中で自己解決する」ということになる。

ちょっとわかりにくいと思うので、もっとわかりやすく言うと、

あなたが送った文章を見て、女性が勝手にあなたをイメージする」…と言う事である。

あなたがどんなにたくましい身体を持ったナイスガイだったとしても、非言語的コミュニケーションが伴わない、文章だけのやり取りだとするならば、あなたの印象は「文章だけ」で判断されてしまい、たくましい身体も意味を成さないということだ。

スポンサードサーチ

女性に嫌われない文章を送ろう!

言語による印象が7%しか伝わらないということは、ネット上でのメッセージのやり取りはほとんど伝わっていないという事になる。

言葉による印象が7%。残りの93%は、女性の中であなたのイメージを作ってしまうという事だ。

そんな中で、女性に嫌われてしまうようなメッセージを送ってしまっては、あなたのイメージは台無しだ。

恋活サイトで知り合って実際に会うまでのメッセージのやり取りの中で、ネガティヴな印象を持たれてしまうと、せっかくの出会いも台無しになってしまうだろう。

そこで求められるのが、女性に嫌われないための文章だ。

女性に嫌われない文章を送って、あなたのイメージを良くしていこう!

女性に嫌われないメッセージはたった一つ!○○だけ気をつける!

女性に嫌われないメッセージ…と言うのは、恐らく大量にあるはずだ。

誕生日にはメッセージを送る…や、言葉遣いに気をつける…など。

しかし、筆者は基本的にたった1つのことだけ注意しておけば、大体の女性からは嫌われること無く円滑なコミュニケーションを取れると考えている。

では、そのたった1つのこととはなんだろうか。

答えは、「曖昧な言葉遣いに気をつける」である。

以下の項から詳しく解説していこう。

曖昧な言葉遣いって何?

曖昧な言葉遣い…とは、果たしてどのような言葉遣いなのだろうか。

曖昧な言葉遣いとは、たとえば「多分」「恐らく」「かもしれない」「少し」、「若干」といった言葉を多用することである。

わかりやすく、曖昧な言葉遣いを使ったメッセージを挙げてみよう。

例えばこんな感じである。

あなた
A子さんこんばんは!来週の日曜日に○○駅の映画館に行きませんか?△△っていう映画を見ようと思っています。多分A子さんも気に入ってくれると思うんですけど、もしかしたら苦手かもしれないです…。

このような、「多分」とか、「かもしれない」といった曖昧な文章表現は、女性から嫌われる可能性があるので要注意だ。

女性も基本的に曖昧

実は、女性も基本的には曖昧な返答をしてしまう生き物である。

例えば、あなたが「何か食べたいものありますか?」と女性に聞いて、

A子
う~ん…何でも大丈夫ですよ!

と答えるのが一般的な女性だ。

これは、実は自己防衛の一種で、曖昧な表現をすることで意見のぶつかり合いを避ける狙いがあると言われている。

女性は基本的に男性よりも周囲からの目線や対人関係を気にする性質がある(公的自己意識と呼ぶ)から、曖昧な表現をしてしまいがちなのだ。

つまり、女性心理としては「男性に決めてもらいたい(確固たる意志を持ってほしい)」という想いがある。

だから、女性は優柔不断な男を嫌うのだ。

スポンサードサーチ

女性を気遣うあまり、優柔不断になることだけは避けよう!

女性に嫌われないメッセージを送るためには、あなたの中に確固たる意志を持つ必要がある。

ここで、恋愛経験が無いあなたは、

あなた
あんまり自分の意見ばっかり言ってると女性に嫌われるんじゃないか?

と考えていると思うが、実はそんなことはない。

もちろん、傍若無人というか、わがままな振る舞いをしてしまうと女性に嫌われてしまうかもしれない

例えば、女性の意見を無視して、

あなた
じゃあ今度公衆便所巡りにでも行きましょう!

なんて言った日にはそれこそ破滅である。

ここで重要なのは、一度女性に問うてみることなのだ。

あなた
今度のデートでどこか行きたいとこありますか?

ここで女性が、特に何の案も出すことなく、

A子
えっと…○○さんにお任せします!

と返答してきたら自分の意見を言ってみるといった感じだ。

つまり、一度女性の意見を聞いてみることが、女性との関係性を上手く構築するうえで重要なことになる。

そして、女性が特に何の案も出さなければ、あなたが行きたいところを提案する…という流れ。

ここで、

あなた
少しだけ行きたいところがあるんですよね!○○っていうデパートです!

というように、「少し」という曖昧な表現を使わない方が良い

あなた
僕、行きたいところがあるんです!○○っていうデパートなんですけど、どうですか!?

と、曖昧な表現を使わない方が、優柔不断なイメージを与えることなく、それでいて傍若無人で失礼な感じも無いサッパリな感じを与えることが出来る

女性に嫌われないメッセージの送り方/まとめ

女性に嫌われないメッセージの送り方について説明してきた。

ここで今回紹介した「女性に嫌われないメッセージの送り方」についてまとめてみよう。

基本的には、以下のようなメッセージの送り方がおすすめである。

  1. 女性に意見を聞く
  2. 女性から意見の提案を求められる
  3. あなたの意見を言う(曖昧な表現×)

女性も、いきなりあなたが行きたいところを提案されるとムッとする。

人間は、強制的に提示されたことに対して反発心を抱く「心理的リアクタンス」という心理効果が発動する。

よく、親御さんに「勉強しなさい!」と言われて、一瞬でやる気が無くなった経験は無いだろうか。

あれはまさに心理的リアクタンスである。強制されそうになると、人間はそれに反発したくなる。

心理的リアクタンスを発動させないためにも、まず女性に意見を聞く事。意見を聞くことで、

A子
私の意見も尊重してくれてる…

と良いイメージをあなたに抱くだろう。

そこから、あなたが行きたいところを提示してみてほしい。