社会人で出会いが無いなら、恋活サイトで彼女を作ってみない?

彼女の作り方




スポンサードサーチ

恋活サイトで彼女を作ってもおかしくない!/はじめに

あなた
彼女を作りたいんだけど、職場の女性は彼女にしにくいし…

と考えている社会人のあなたにおすすめなのが恋活サイトだ。

昨今の急速なネットの発達によって、リアルの出会いだけではなく、ネットで出会う事が容易い時代になった。

しかし、一昔前ならば「出会い系」という、いかにもいかがわしいサイトが横行していたのも事実だ。いわゆる、援助交際の助長になっていたのは周知の事実である。

それゆえに、「ネットで出会う事=いかがわしいこと・おかしなこと」という認識になっている人は現在でも多い。あなたももしかすると、ネットで出会うことに否定派だと思われる。

しかし、現在では「恋活サイト」という、18歳未満お断り・なおかつ本気で恋愛したい人だけが集まるサイトが急速な発展を遂げているのである。

ネットで出会い、彼女を作ることはおかしなことではない時代に突入したのだ。

あなたの、恋活サイトへの不安と懐疑を解きほぐしていこうと思う。

ネットの恋愛で結婚に行きついた人がいる

恋活サイトを懐疑的に受け取っているあなたは、恐らく、

あなた
ネットで本当に出会えるかどうかわからないじゃないか!

と思っているのではないだろうか。

月額3000円の恋活サイトに登録させるだけさせておいて、結局誰とも出会うことなく、サクラに騙されて3000円無駄にして終わり…。

確かに、今までの「出会い系サイト」ならばこのような事態は頻繁に起こっていただろう。月額5000円で有料会員登録させておいて、ふたを開けてみればサクラばかり…。女性と出会えるはずもなく、5000円をどぶに捨てて終了…。みたいなことはたくさんあったはずだ。

しかし、恋活サイトで知り合い、関係性を深めて結婚にまで至った人がいるのは事実だ。

また、恋活サイトではないが、某お笑い芸人さんで、とあるSNSで知り合った女性と結婚にまで至った人がいる。

恋活サイトの多くは、月額3000円程を払うところが多いこれはデメリットかもしれない。

ただ、先述のように、ネットで出会うことは普通のことになってきているし、ネットで知り合った人と結婚まで至る人も増えてきているのだ。

スポンサードサーチ

恋活サイトは出会い系サイトと違う!

恋活サイトと、あなたが思っているであろう「出会い系サイト」は、全くの別物である。

確かに、恋活サイトも「女性と出会える」という点においては出会い系なのだが、いかんせん出会う目的が違う。

これまでの出会い系サイトの出会う目的は、「性交渉目的」だった。いわゆるセッ○ス目的である。

男性は、とにかく性欲に弱い。その弱い部分を逆手に取ったのがこれまでの出会い系サイトだ。そして挙句の果てにサクラに振り回され、結局誰とも出会えぬまま金だけ無駄にする…というのが日常だった。

恋活サイトは、「性交渉目的」ではなく「純粋な恋愛目的」の傾向にある。彼氏が欲しい女性と彼女が欲しい男性を上手くマッチングさせることが最大の目的だ。

しかも、恋活サイトの多くはFacebookで本人確認をしなければ登録できなくなっているため、サクラが混入している可能性も極めて低いと言える。

出会い系と恋活サイトは、このような違いがあるのだ。

恋活サイトは、本気で恋愛したい人が集まっている!

恋活サイトは、基本的に「恋愛することが目的」のため本気で恋愛したい人が集まっているといえる。

実際に、筆者の知り合いにも恋活サイトを使って一刻も早く彼氏を見つけようとしている女性がいる。

Hさんと言うのだが、職場の男性に魅力的な人がいないので、恋活サイトを使って2回ほど男性と知り合い、そのうち1人とはデートにも行ったそうだ。結局、自分が思い描いている男性では無かったため、その後は連絡を取るのをやめているそうだが…。

恋活サイトには、Hさんのように恋愛をしたい女性がたくさんいる。

筆者も、Hさんの話を聞くまでは「恋活サイトなんかで出会えるのか…?」と少々うさん臭く思っていたが、Hさんのマジな事例を目の当たりにして、「恋活サイトってちゃんと出会えるのか!」と考えを改めるに至った。

恐らく筆者も、Hさんの話を聞くことが無かったら、恋活サイトなんてクソみたいなものだ!と一蹴していたことだろう。Hさんに感謝である。

スポンサードサーチ

恋活サイトは、リアルより出会いが豊富!

あなた
恋活サイトが出会い系と違う事は分かったけど、俺に合う女性が見つかるとは限らないじゃん!

とあなたは思っているかもしれない。

恋活サイトは、理論的に考えてみれば、リアルより出会いが豊富なのは言うまでもない

日本人の平均寿命は、2016年の厚生労働省の調査で、

女性:87.14歳

男性:80.98歳

となっていることがわかった。(情報ソース:日本経済新聞

小数点を繰り上げて、男性の平均寿命を81歳と仮定する。

もし、あなたが1日1人新しい人と出会うとすると、365×81=29565人と出会う事になる。

81年の生涯で、おおよそ3万人と出会う計算になる。これを多いととるか少ないと取るかはあなた次第だが、日本の人口が約1億2000万人とすると、その3万人は4000人に1人の割合で出会っていることになる。

しかし、その4000人に1人が、あなたにとって有意義じゃない人物だったらどうだろうか。4000人に一人という低い割合で出会った人が、あなたにとって苦手な人物だったら損した気分になるはずだ。

恋活サイトなら、ネットを介さなければ本来出会うはずがなかった女性と出会える。この利点はかなり大きい。あなたが勤めている職場では、到底出会う事が無かった女性と出会える可能性を秘めているのが恋活サイトでありネットである。

リアルよりも出会いが豊富なのは、ネットの利点である。つまり、あなたにピッタリの女性と出会える確率が高いのだ。

恋活サイトは難しい?やってみればSNSと変わらない

ここまで読んでいただいたあなたの心理には、

あなた
恋活サイトが恋愛に特化してるのはわかったけど、なんかめんどくさそうだし…俺みたいな人間が女性に相手されるのかわからない…

という想いがあるのではないだろうか。

恋活サイトは、基本的にはSNSと何ら変わらない。だったらSNSで恋人探せばいいじゃん!となりがちだが、SNSで恋人を探すと「出会い厨」と誹謗中傷される恐れがある。そのため、恋愛に特化したSNSということで、恋活サイトが注目を浴びているわけだ。

だから、基本的に恋活サイトはSNSと同じと考えてもらって構わないだろう。

また、あなたが女性に相手にされるかどうかだが、あなたの人間性を求めている女性はきっといるはずだ。

自分と同じ趣味をもっている男性を求めている女性がいるだろうし、ポッチャリめの彼氏が欲しい!と思っている女性もいるだろう。社会人でバリバリ働いている彼氏が欲しい!というニーズもある。

つまりSNSと同じ感覚で、自分を求めている女性にアプローチする体制が整っているのが恋活サイトである。

スポンサードサーチ

はじめての恋活サイトなら、Pairsがおすすめ



もし、あなたが恋活サイトに興味を持っているのだとしたら、Pairsがおすすめである。

まず、月額料金が1か月で約3400円かかる。まとめ払いで安くなるが、まずは1か月だけ登録してみるのが良いだろう。

月額料金が3400円と、ちょっとお高く感じるかもしれないが、会員数が700万人突破していることから、あなたが理想とする女性と出会う確率も高く、逆にあなたを求めている女性がいる確率も高い

Pairs以外にも恋活サイトは複数存在するが、圧倒的に登録者数が多いのはPairsである。

今すぐ、理想の女性を手に入れたい方は下のボタンからPairs公式ホームページにジャンプしてみてほしい。きっと、あなたの素敵な未来の彼女が待っているはずだ。

Pairs以外の恋活サイトも気になる方は、以下の記事で筆者おすすめの恋活サイトをまとめているので、参考にしてほしい。

恋活サイトで彼女を作ることはおかしくない!/まとめ

恋活サイトで彼女を作ることに対して、持論を述べさせてもらった。

ここまでネットが発達してきた以上、ネットを介したコミュニケーションにもっと積極的になっても良いはずだ。

リアル生活で出会う人は3万人」と本文で述べさせていただいたが、ネットを介すことで3万人以上の人と出会う事も可能になるはずだ。

例えば、家から全く出られない社会不安障害の人が、ネットを介すことで同じ社会不安障害の人とコミュニケーションを取り、お互いに励ましあうことができる時代でもある。

あなたが理想とする女性も、リアル生活では出会えなくともネットを介すことで出会える可能性はある。

今こそ、恋活サイト/ネットを有効活用し、理想の彼女をゲットしてみてほしい!

では、また次回!